So-net無料ブログ作成

ヤミ移植仲介業者との関係調査を各大学に要請―長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は、1月15日に開かれた閣議後の記者会見で、海外での臓器移植を違法仲介した疑いがある業者が、日本移植学会に所属する金沢大病院(金沢市)の男性医師と接触し、中国での「ヤミ移植」を受けられるよう依頼されたとの一部報道について、金沢大学側に事情を聴取する方針を示した。また、他大学でも同様の事例が発生していないか、調査を要請したことを明らかにした。

 この問題について金沢大学側は、男性医師は「ヤミ移植」を受けられるようにという趣旨の依頼をされていないと発表している。



【関連記事】
親族提供目的の自殺抑止規定を盛り込む―改正臓器移植法の指針
提供施設の拡大など提言―臓器移植関連学会協議会
ドナーコーディネーター大幅増を―移植者協議会・大久保理事長
国内初のJCI認証取得でメディカルツーリズムは広がるか
臓器移植法成立受け、賛成派と反対派が会見

首相と自民総裁が直接対決へ=21日から衆院予算委(時事通信)
「日米同盟深化が肝要」 首相が自衛隊幹部会同で訓示(産経新聞)
<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
壬生狂言 絹ちりめん製の大幕を公開(産経新聞)
大学入試センターの追試験は972人に(産経新聞)

<恐喝容疑>書籍の強引販売で出版社強制捜査へ 岡山県警(毎日新聞)

 日本の領土などに関する書籍を高額で売りつけたとして岡山県警組対1課は21日にも、東京都北区に本社を置く出版社の岡山営業所に対し、恐喝容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は営業所員数人の逮捕状を請求しており、同営業所と本社など関係先数カ所を家宅捜索する。

 捜査関係者によると、この出版社の刊行物は1冊5万円前後と高額で、複数の購入者から被害届が出ているという。営業所員らは電話や訪問などで書籍購入を勧誘、断られると暴言を吐くなどして複数人から書籍代として計数十万円を脅し取った疑いがあるという。

 県警は、会社ぐるみで強引な販売が行われた可能性もあるとみており、組織犯罪処罰法違反容疑での立件も視野に調べを進める。

 出版社のホームページによると、同社は資本金5億円で設立。本社のほか、東京、関西、中部に支店を置き、岡山、仙台、福岡に営業所がある。【石戸諭、石井尚】

【関連ニュース】
鳥取の恐喝未遂:元警察官に有罪判決
恐喝未遂:ハンカチ会社から現金を脅し取ろうとした疑い、男を逮捕
恐喝:女性を脅し続け横領金むしる? 容疑で再逮捕

「酒に酔って魔差した」巡査長がアイス5個万引(産経新聞)
<ゆるキャラ>香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)
内部告発のオリンパス社員敗訴=配転命令違法と認めず−東京地裁(時事通信)
小沢氏側、聴取応諾を回答=東京地検と調整、週内にも−妻にも要請・規正法違反事件(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。