So-net無料ブログ作成

寺越外雄さん、子供たちの出生届提出へ(産経新聞)

 昭和38年に能登半島沖で兄やおいとともに行方不明になった後、北朝鮮で結婚して子供2人をもうけ、平成6年に死亡したことが判明した石川県出身の寺越外雄さんについて、拉致被害者の支援組織「救う会・兵庫」は14日、婚姻届や子供の出生届を提出する方針を発表した。

 同会は北朝鮮から届いた子供の生年月日を書いた手紙を公開した。同会や日本で暮らす親族らは、外雄さんらは北朝鮮に拉致されたとみており、これら手紙の内容を基に、外雄さんの子供たちが拉致被害者の家族として日本政府から支援が受けられるよう法務省に日本国籍の認定を働き掛けていく。

 寺越さんは行方不明当時に金沢海上保安部が死亡認定していた。その後、北朝鮮からの外雄さんから日本の親族に届いた手紙で北朝鮮で暮らし、元在日朝鮮人妻との間に2人の子供をもうけて死亡していたことが分かった。親族と同会は今年3月、海保側に過去の死亡認定取り消しを申請、金沢海上保安部が今月12日までに死亡認定を取り消していた。

【関連記事】
北朝鮮で生存確認、「寺越さん死亡」を取り消し 海保
昭和38年失跡の寺越外雄さん、北で生存
「苦難の行軍」北から届いた手紙100通 貧困…“拉致被害者”の子供たち
寺越さん家族が拉致被害者認定を政府に要請
心が麻痺しているのでは… メディアは現政権に甘く、問題起きてもすぐ“鎮火”
少子化を止めろ!

小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」 谷氏出馬表明(産経新聞)
国家公務員キャリア採用2割減へ、総務省が通知(読売新聞)
「河村市長、議会とうまくやって」身内も注文(読売新聞)
民事法情報センター、法人解散を正式決定(読売新聞)
普天間問題・閣僚から首相にエール 「約束は重いが実現は別問題」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。